2020年の玉ねぎ栽培

品種と量

ターザンとノンクーラーと赤玉ねぎ

ターザンはF1だけど、教えて頂いた人がおすすめしてくれた品種なので。淡路島での代表的品種。なかて。

ノンクーラーは今までに栽培したことがあって、収穫後の日持ちがめっちゃいい。赤玉ねぎは去年の余りがあった。なかおくて。

玉ねぎの種の寿命は短いけれど、きちんと冷蔵庫で保管した。どうなるかわからないけれど、発芽したらもうけもん。

1反ほどの畑が使えそう。2dlと50g(表記の違い)。50gとは、と尋ねるとおよそ1dlと返答があった。合計約3dl。種数と苗数は当然違いがあるが1万5千~2万個できれば上出来。


栽培方法

  1. みのるポット苗(448穴)を使用。稲苗と共用できる。播種機(土入れ機能)が使える。
  2. 苗土は床土にもみ殻くん炭。覆土は真砂土。アルカリ性の問題があるかもしれないが実際はわからない。文献や論文も見つからなかった。ただ、床土を入れたあとと播種後覆土前にかなりの量の潅水をおこなった。もみ殻くん炭機製作会社にはくん炭は洗えば中性に近づくと書いていた。実際に稲苗の際はアルカリ性による害は出ない。(稲苗床は水を張るのでアルカリが中和されている?)玉ねぎでも潅水だけで可能か試す。
  3. 苗は手植え
  4. 化学肥料農薬、動物性堆肥を使わない。マルチも不使用。除草作業は都度行う。
  5. 苗箱に床土、種、覆土をした後、高さ15cmくらいの畝に並べた。根切ネットは不使用。被覆資材も不使用。並べてから上にコンパネをおいて踏んで鎮圧。

ターザンの種まき(9月18日)後、降雨もあったが8日間で発芽せず、そこからホースで手潅水開始。10月1日に発芽確認。覆土の真砂土が水を吸収しきらないことと、もみ殻くん炭の保水力が弱いことが原因か。結局ノンクーラーと同じ時期になってしまった。ノンクーラーは播種後から手潅水した。


とりあえず播種後の発芽までの過程を書きました。今後どうなるかもまた書きますねー。

コメントを残す