「みんなの田んぼ」の稲刈り

とうとう稲刈りが終わりました。

種まきの前の作業から、田植えや夏の除草作業を経て、収穫です。

10人ほどのメンバーが入れ替わり立ち替わり、都合のいい時間に田んぼに来て、

ばしばし刈って、干していきます。

うまく安定しない稲架掛けの棒と格闘しながらも、

体が慣れ始めたらどんどん進みます。

やっとここまで来たなぁという達成感。

徳島市内に突如現れる天日干し。

散歩しているご近所さんもいつも見ているそうです。

「やっぱりお米は天日干しがいちばんやねぇ」と昔を思い出しながら、

喋りかけてくれます。

手前に見えるのは種が混ざっていた赤米。

WWOOFerの彼もありがたい存在です。静かに黙々と動きます。この2週間後、彼はお遍路に旅立ちました。

記念写真を一枚。

初日に記念写真を撮るのを忘れていました。

みんな一生懸命でした。

お米づくりなんてやったことがない。野菜づくりも。

という面々が、熊本から神山にいらしたジャー村さんと本田さんのお米づくりに刺激を受けて始まった今回の「みんなの田んぼ」。

すぐにみんなでやろうと声をかけたら、たくさん集まっていただいて、本当に嬉しいです。途中のお世話など、やりきれていない作業や、今年の水管理の難しさなど反省点がいっぱいです。

でも、亀の尾の分けつは50本くらい。

旭の分けつは70本くらいにまでなり、この地域ではびっくりのお米になりました。

猛暑のせいでしょうか、不稔の籾がたくさんあります。収穫量はおそらく多くはないのでしょうが、

自分たちのお米だと胸張れます。

また来年もみんなでできるとたのしいなぁ。

あとは、まだ旭の収穫も残っています。旭はきちんと手で刈りましょうか。

さいごまで もう少し。がんばりましょう。

旭でかくれんぼ。

コメントを残す