2020年度産 ササシグレ

M-002

コシヒカリよりもアミロースの量が多いためにあっさりしており、血糖値の上昇が緩やかになるようです。

糖尿病の方などにおすすめの品種です。

あっさりとしたお米といえばササニシキが有名ですが、ササシグレはその親品種です。

ササニシキよりもさらに美味しいと言われていますが、栽培の難しさから農家が激減し、近年幻の品種となりつつあります。また栽培され始めた約70年前は、他の品種と混ぜて売られる混米だったため、その当時でもササシグレという名前は知られていませんでした。今も昔も、幻のお米といえます。

自然農法6年目の田んぼで栽培しています。

5kg:2,800円(税込)
10kg: 5,600円(税込)
25kg: 14,000円(税込)
 

2020年度産 コシヒカリ

M-001

もちっとした食感、しっかりとした甘みが特徴のお米です。

食味がとても良いということで、コシヒカリを親として品種改良されたお米(あきたこまちやひとめぼれなど)もたくさんあります。

自然農法6年目の田んぼで栽培しています。

5kg: 2,800円(税込)
10kg: 5,600円 (税込)
25kg: 14,000円(税込)

2020年度産 亀の尾

M-003

明治〜大正時代に東日本で絶大な人気を誇り、今は幻となってしまった品種。

コシヒカリの遠い祖先で、この亀の尾のおいしさが現代のお米の基礎となっています。

近年あっさりとしながらも深みのあるおいしさが再注目されています。

今のコシヒカリよりもあっさりした口当たりです。その頃の農民に思いをはせながら食べたいものです。

玄米に近い分付き米で食べると一層おいしく感じられます。

自然農法5年目の田んぼで栽培しています。


5kg: 3,300円(税込)

10kg: 6,600円(税込)

25kg: 16,500円(税込)

 

2020年度産 神力

M-005

明治〜大正時代に西日本で絶大な人気を誇り、今は幻となってしまった品種。

たった50粒の種籾からゆっくりと増やして、やっと皆様に食べていただくことが出来ました。

昔の品種はあっさりした口当たりです。その頃の農民に思いをはせながら食べたいものです。

あっさりとしていますが、亀の尾よりはコシヒカリに近い口当たりです。

甘味は感じやすく、白米に近い分付き米でも食べやすい品種です。

昨年の一番人気のお米です。

自然農法5年目の田んぼで栽培しています。


5kg: 3,300円(税込)

10kg: 6,600円(税込)

25kg: 16,500円(税込)

2020年度産 赤黒米

M-004

古代米もち米の赤米と紫黒米のブレンドです。

普段のお米に少し混ぜて炊くことで全体がほんのりときれいな赤色になります。

食感も変わり、よく噛むことで体の調子も良くなります。栄養素もたっぷりです。炊き方説明書付きです。

200gの袋となります。お餅つきにもおすすめ!

自然農法9年目の田んぼで栽培しています。

 

200gパック: 400円 (税込)

1kgパック: 1,600円(税込)

1.5kgパック(1升): 2,000円(税込)